コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭焼(き)長者 スミヤキチョウジャ

3件 の用語解説(炭焼(き)長者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すみやき‐ちょうじゃ〔‐チヤウジヤ〕【炭焼(き)長者】

貧しい炭焼き男が女房に教えられて金山を発見し、長者になるという昔話。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

炭焼長者【すみやきちょうじゃ】

五郎または小五郎という貧しい炭焼が幸運な妻の力で黄金や酒泉を発見し長者になる話。青森から沖縄まで日本全国に広く分布する長者伝説で,その屋敷跡と伝える所に長者屋敷という地名が残っている例もある。
→関連項目金売吉次長者伝説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すみやきちょうじゃ【炭焼長者】

貧しい炭焼きが福分を持った女性との結婚によって財宝を発見して長者になる話。話には初婚型と再婚型がある。初婚型は,妻の教えによって黄金の値打ちを知り,富を得るもので,身分のある娘が占いによって炭焼きに嫁ぐ例が多い。この話は,炭焼藤太の伝説としても各地に伝えられている。津軽藩主の系図の中にも組み込まれている。再婚話は,福分のある妻を追い出したために男は零落して,その妻が再婚した炭焼きが長者になるというものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

炭焼(き)長者の関連キーワード御福分け梳き髪炭焼小五郎ナニー福分け貧し焼きが回る炭焼炭焼窯焼金

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone