コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金山 かなやま

11件 の用語解説(金山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金山
かなやま

岐阜県中部,飛騨川の中流域,馬瀬川が合流する地点にある地区。旧町名。 1890年町制。 1955年菅田町および下原,東の2村と合体。 2004年3月下呂町はじめ3町1村と合併し,下呂市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

金山
かなやま

愛知県名古屋市熱田区の北端にある地区。都心の栄町から南方 3kmに位置し,副都心を形成。 JR東海道本線中央本線名古屋鉄道が集まって金山駅があり,都心部に入る南の玄関口。近くに市立体育館がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

金山
きんざん
gold mine

を産出する鉱山。金鉱は石英脈中に存在し,自然金(山金)として産出する。南アフリカ共和国北東部のトランスバール地方にあるウィットウォーターズランド自由州が世界最大の金山地帯。そのほかロシアアメリカ合衆国オーストラリアなどに多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かな‐やま【金山】

金・銀・銅などを掘り出す山。鉱山。また、鉱山を開発すること。

きん‐ざん【金山】

金を産出する鉱山。金鉱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かなやま【金山】

金属鉱石を掘り出す山。鉱山。

きんざん【金山】

金を産出する鉱山。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金山の言及

【表郷[村]】より

…村名は江戸時代の郷名にちなむ。中心集落は国道289号線が通る金山で,黄金川上流には古代から金山が開かれ,遣唐使派遣の費用をまかなったと伝えられる。1971年には灌漑用水犬神ダムが完成,圃場整備も完了し,農業の近代化が進んだ。…

※「金山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金山の関連キーワード金鉱銀山鴻之舞鉱山産金伊佐ポテンシャル鉱物イトムカ鉱山フィリピンの金大潟〈町〉ケイクジャク石(珪孔雀石)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金山の関連情報