コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長者 ちょうじゃśreṣṭhin; gṛha-pati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長者
ちょうじゃ
śreṣṭhin; gṛha-pati

仏教用語。資産があって徳をそなえた者の通称。 gṛha-patiは居士と訳し,富み,かつ学徳のある在俗信者。日本では特に東寺の長官を長者といい,承和3 (836) 年に実慧が勅によって任じられたのがその始りである (→東寺長者 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じゃ〔チヤウ‐〕【長者】

《「ちょうしゃ」とも》年上の人。また、目上の人。年長者。
《「ちょうしゃ」とも》徳のすぐれている人。また、穏やかな人。
「そこは温厚の―だから、別段激した様子もなく」〈漱石吾輩は猫である
金持ち。富豪。「億万長者
一門一族の統率者。「氏(うじ)の長者
「親戚の―たる一見老猾らしき金富醇次郎が」〈魯庵社会百面相
京都東寺座主(ざす)の称。
宿駅の長。駅長。
宿場の遊女屋の主人。また、遊女のかしら。
「かの宿の―ゆやがむすめ、侍従がもとにその夜は宿せられけり」〈平家・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうじゃ【長者】

〔「ちょうしゃ」とも〕 年上の人。目上の人。年長者。
〔「ちょうしゃ」とも〕 徳のすぐれた人。おだやかな人柄の人。 「彼を敬愛に価する-として認めてゐた/硝子戸の中 漱石
金持ち。富豪。 「億万-」
長老。芸道などの最高の地位を示す称号として用いた。 「五条の三位入道は此道の-にています/無名抄」
うじの長として一族を統率する人。氏の長者。うじのかみ。 「南京(=奈良)は例なくて罪なき-を配流せらる/平家 4
宿場の遊女宿の女主人。 「彼宿の-ゆやがむすめ、侍従がもとに其夜は宿せられけり/平家 10
宿駅の長。うまやのおさ。 「これは青墓の-にて候/謡曲・朝長」
教王護国寺の最高位の僧。勅任で定められた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長者
ちょうじゃ

仏典に現れる富豪、資産家のこと。サンスクリット語のグリハ・パティgha-patiとシュレーシュティンrehinの両者の訳。前者を資産者、後者を長者と区別して訳す専門家もある。いずれも社会的な身分として認められた名称であり、仏教教団の発展には大きな原動力となった。シュレーシュティンは商人代表とか同業組合の組合長の意味をもち、グリハ・パティは居士(こじ)と漢訳され、年齢や徳行の長じた者と理解された。日本では、長老耆宿(ぎしゅく)の意味に用いられ、とくに東寺(教王護国寺)座主(ざす)の称となったが、これは空海(くうかい)の遺告(ゆいごう)によるといわれる。のちに仁和(にんな)寺、大覚(だいかく)寺、三宝(さんぼう)院、勧修(かじゅう)寺の四門跡(もんぜき)が戒を受けた順で勅任された。初めは長者は1人であったが、やがて四長者となり、さらに長者補任(ぶにん)さえ置かれるようになった。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長者の関連キーワード高知県吾川郡仁淀川町長者乙京都府京都市上京区桝屋町京都府京都市上京区三町目京都府京都市上京区亀屋町京都府京都市上京区菊屋町京都府京都市上京区近衛町京都府京都市上京区二町目京都府京都市上京区突抜町青森県上北郡東北町横沢京都府京都市上京区頭町長者の脛に味噌を付ける長者の脛に味噌を塗る東山道跡〈栃木県〉神奈川県平塚市山下静岡県磐田市寺谷後七日の阿闍梨持ち丸・持丸芋掘り藤五郎殿下の渡領炭焼小五郎

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長者の関連情報