烈火の如し(読み)れっかのごとし

精選版 日本国語大辞典「烈火の如し」の解説

れっか【烈火】 の 如(ごと)

非常にはげしく怒るさまを、燃えさかるにたとえていう
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「舌戦益々熾(さかん)にして烈火の如く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android