烈火(読み)れっか

精選版 日本国語大辞典「烈火」の解説

れっ‐か ‥クヮ【烈火】

〘名〙 はげしく燃える火。猛火
経国集(827)二〇・中臣年足対策文「火炎々、洪波淼々」 〔新序‐雑事三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「烈火」の解説

れっ‐か〔‐クワ〕【烈火】

激しい勢いで燃える火。「烈火のごとくる」
[類語]猛火火事火災火難出火失火炎上大火小火ぼや小火しょうか自火近火急火怪火不審祝融しゅくゆう回禄かいろく大火災大火事山火事火の海焼失焼亡焼尽丸焼け半焼け全焼半焼火元火の元類焼貰い火延焼飛び火引火火の手下火鎮火消火火消し消防火事場焼け跡ぼうぼうめらめら炎炎かっかかっとかんかんぼっとぱっとぽっぽぱちぱち火だるま燃え盛る燃え広がる燃え上がる燃え立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「烈火」の解説

【烈火】れつか(くわ)

猛火。〔後漢書、劉陶伝〕蓋(けだ)し民は百年無かるべきも、一るべからず。故にと爲すなり。~鑄錢齊、以て其の敝(へい)を救はんと欲するは、此れほ魚を沸鼎(ふつてい)の中にひ、鳥を烈火の上に棲(す)ますがごとし。

字通「烈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android