コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京新繁昌記 とうきょうしんはんじょうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京新繁昌記
とうきょうしんはんじょうき

明治初期の随筆。服部撫松 (はっとりぶしょう。 1841~1908) 著。6冊。 1874~76年刊。寺門静軒の『江戸繁昌記』にならって明治維新後の文明開化の波に洗われる東京の世相を,破格の漢文戯作体で書き綴ったコント風の記録。多くの読者を集め,著者の戯文家,ジャーナリストとしての出世作となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東京新繁昌記の関連キーワードすき焼き抹する寇する隷する陳ずる佳麗照臨帰寧精工小語雄風文華隠匿左顧算数堕落碌碌被髪熱地大戸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android