コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏飛び カラストビ

2件 の用語解説(烏飛びの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

からす‐とび【×烏飛び】

能「」で三番叟(さんばそう)によって演じられる舞の型。声を掛けて横にとびはねる。
江戸時代の防火装置。屋根の棟に囲いをつくり、天水桶と火たたき用のわらぼうきとを置いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

からすとび【烏飛び】

屋根の棟の上に、天水桶てんすいおけと火をたたく藁箒わらぼうきを備えた昔の防火設備。
三番叟さんばそうが「揉みの段」で演ずる舞の型。掛け声を掛け跳びはねる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone