コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏飛び カラストビ

デジタル大辞泉の解説

からす‐とび【×烏飛び】

能「」で三番叟(さんばそう)によって演じられる舞の型。声を掛けて横にとびはねる。
江戸時代の防火装置。屋根の棟に囲いをつくり、天水桶と火たたき用のわらぼうきとを置いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からすとび【烏飛び】

屋根の棟の上に、天水桶てんすいおけと火をたたく藁箒わらぼうきを備えた昔の防火設備。
三番叟さんばそうが「揉みの段」で演ずる舞の型。掛け声を掛け跳びはねる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

烏飛びの関連キーワード松例祭三番叟護法

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android