コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏飛び カラストビ

大辞林 第三版の解説

からすとび【烏飛び】

屋根の棟の上に、天水桶てんすいおけと火をたたく藁箒わらぼうきを備えた昔の防火設備。
三番叟さんばそうが「揉みの段」で演ずる舞の型。掛け声を掛け跳びはねる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

烏飛びの関連キーワード松例祭三番叟護法

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android