コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天水桶 テンスイオケ

3件 の用語解説(天水桶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんすい‐おけ〔‐をけ〕【天水×桶】

防火用に雨水をためておく大きな桶。天水。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんすいおけ【天水桶】

防火用に雨水を貯えておく桶。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天水桶
てんすいおけ

単に天水ともよばれ、江戸時代、雨水(あまみず)(天水)を雨樋(あまどい)などから引き、防火用にためておいた桶。一般化したのは寛政(かんせい)(1789~1801)以降といわれ、屋根の上、家の軒先、町の辻角(つじかど)などに常置された。桶の大きさには、その桶の置かれる場所によって大小があり、町辻などには約六石(約108リットル)ほどの水が入る大桶が置かれ、その上には手桶を積んで、すぐ使用できるようにしてあった。明治以後、消防設備の近代化により、しだいに廃されたが、第二次世界大戦中には、防火用水が家々の軒先に置かれた。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天水桶の関連キーワード雨水溝水槽溜め池溜め水用水桶用水堀雨水処理槽水溜め水船雨水タンク

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天水桶の関連情報