コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天水桶 テンスイオケ

デジタル大辞泉の解説

てんすい‐おけ〔‐をけ〕【天水×桶】

防火用に雨水をためておく大きな天水

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんすいおけ【天水桶】

防火用に雨水を貯えておく桶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天水桶
てんすいおけ

単に天水ともよばれ、江戸時代、雨水(あまみず)(天水)を雨樋(あまどい)などから引き、防火用にためておいた桶。一般化したのは寛政(かんせい)(1789~1801)以降といわれ、屋根の上、家の軒先、町の辻角(つじかど)などに常置された。桶の大きさには、その桶の置かれる場所によって大小があり、町辻などには約六石(約108リットル)ほどの水が入る大桶が置かれ、その上には手桶を積んで、すぐ使用できるようにしてあった。明治以後、消防設備の近代化により、しだいに廃されたが、第二次世界大戦中には、防火用水が家々の軒先に置かれた。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天水桶の関連キーワード助六由縁江戸桜村山 古郷溜め桶用水桶烏飛び

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天水桶の関連情報