烏鵲の橋(読み)うじゃくのはし

精選版 日本国語大辞典の解説

うじゃく【烏鵲】 の 橋(はし)

陰暦七月七日の夕、牽牛(けんぎゅう)星と織女星が会うとき、カササギが翼を広げて天の川に渡すといわれる橋。かささぎの橋。烏鵲橋。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android