無人小型超音速実験機(読み)むじんこがたちょうおんそくじっけんき(英語表記)small experimental HSCT unmanned aerial vehicles

知恵蔵の解説

独立行政法人宇宙航空研究開発機構が進めている次世代超音速旅客機研究実験の1つ。無人実験機をロケットで打ち上げ、超音速で滑空飛行させて、数値流体力学計算を実証する。全長11.5m、全幅4.5mで、実機の約8分の1。2005年10月10日、オーストラリア・ウーメラで打ち上げられた。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android