コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無人小型超音速実験機 むじんこがたちょうおんそくじっけんき small experimental HSCT unmanned aerial vehicles

1件 の用語解説(無人小型超音速実験機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

無人小型超音速実験機

独立行政法人宇宙航空研究開発機構が進めている次世代超音速旅客機研究実験の1つ。無人実験機をロケットで打ち上げ、超音速で滑空飛行させて、数値流体力学の計算を実証する。全長11.5m、全幅4.5mで、実機の約8分の1。2005年10月10日、オーストラリア・ウーメラで打ち上げられた。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無人小型超音速実験機の関連キーワード宇宙航空研究開発機構海洋研究開発機構ISASEROSNASDANALHOPE独立行政法人国立高等専門学校機構法案独立行政法人大学評価・学位授与機構法案erōs

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone