コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超音速 ちょうおんそく supersonic

翻訳|supersonic

4件 の用語解説(超音速の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

超音速

マッハ数」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐おんそく〔テウ‐〕【超音速】

音速よりもはやい速度。マッハ数で表す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうおんそく【超音速】

音の速さよりも速い速度。スーパーソニック。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超音速
ちょうおんそく

音速を超える速度のこと。一様な流れの中に物体を固定した場合を考えると、ベルヌーイの定理が示すように、流れの速度変化に伴って圧力は変化する。圧力変化dpに対し、流体の密度はdρだけ変化し、圧力変化は音速

の速さで流体中へ伝播(でんぱ)する。15℃の乾いた空気の音速は、秒速340メートルである。流体の速度をvとすると、圧力変化は上流側へcvの、下流側へcvの速さで伝播する。流体の速度と音速の比であるマッハ数(Mv/c)が1を超えるときの流れを超音速の流れといい、上流側へ圧力変化は伝わらない。このとき、音速以下(亜音速)の流れの場合と異なって衝撃波が発生する。超音速の上流側の流れは、衝撃波を通過して密度・速度・温度は不連続に変化し、亜音速の流れに変わる。ジェット旅客機はマッハ数が0.7~0.8程度の亜音速であるが、コンコルドやファントムはマッハ数1以上の超音速で飛行する。このとき、機体の周りには衝撃波が発生し、機体に大きな圧力抵抗を及ぼす。
 実験室内で超音速の流れをつくるためには、ラバル管が用いられる。これは、細く絞った管に亜音速の気体を流し込んだとき、気流は断面の小さくなる部分で加速され、超音速になるようにくふうされている。ふたたび管が太くなる部分で、密度の減少は大きく、したがって、圧力が減少し続けるため、気体はますます加速されることになる。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超音速の関連キーワード空力加熱高速気流衝撃波遷音速流ニュートンの抵抗法則マッハ数亜音速遷音速トランソニック超音速飛行

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超音速の関連情報