コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無定位制御 むていいせいぎょastatic control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無定位制御
むていいせいぎょ
astatic control

装置の入力が一定値のとき,その出力も一定値に保たれるならば,その装置は定位性または自己平衡性をもつという。定位性のない制御対象,たとえば入力を積分するような性質をもった装置を制御することを無定位制御という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android