コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出力 しゅつりょく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

出力

コンピューターの処理結果を、ディスプレイプリンターなどの外部周辺機器などに送信すること。出力されるデータの形式は、ディスプレイなら表示、プリンターなら印字などのように外部出力装置によって変わる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

出力

ディスプレイで画面表示、プリンタで印刷、スピーカーから音を出すなど、パソコンからいろいろな形でデータを外に出すことです。こうした機器をまとめて「出力機器」と呼ぶこともあります。無線で電波を出したり、通信でデータを送信することを出力と呼ぶ場合もあります。
⇨インターフェース、データ、入力

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅつりょく【出力】

( 名 ) スル
原動機・ポンプなど、機械や装置が入力を受けて、外部へ仕事として出すことのできる仕事の量。 「 -五〇キロワット」
機器・装置が入力を受けて仕事をし、外部に結果を出すこと。また、その結果。コンピューターが入力データを処理して、処理結果を出すなど。アウトプット。 ↔ 入力 「検索結果を-する」 〔「英和対訳電気用語集」(1908年)に output の訳語として載る。漢籍では本来「力を出す・努力する」の意〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出力
しゅつりょく
output

自然科学とくに工学分野でシステムから出てくるものすべてをいい、アウトプットともいう。電気工学においては、回路または装置から送り出される電圧、電流、電力のほか、たとえばラジオから出てくる音のように、機器から送り出されるものを出力という。コンピュータに代表される情報工学の分野では、(1)データ処理の結果、出てくるデータあるいは情報、(2)コンピュータから外部の装置へ送り出されるデータ、(3)コンピュータのモニターの表示(画面出力)やプリンターからの印刷物(印刷出力)などをいう。[布施 正・吉澤昌純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の出力の言及

【仕事率】より

…出力,工率ともいう。定常的にエネルギーの供給を受けて作動する機械,または機関などが,外部に対し時間的に一定の割合でする仕事を表す量。…

※「出力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出力の関連キーワードフィードバックシステム液体式ディーゼル機関車スーパー・フェニックスパワーウエートレシオプッシュプル増幅器相互コンダクタンス出力イネーブル信号イメージセッターパフォーマンス価プッシュプル回路neuroLSI出力(原子炉の)EDO DRAM標準エラー出力もんじゅの今後メモリーダンプフィードバックAUXアウト出力調整運転コード変換器

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出力の関連情報