コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入力 にゅうりょく

5件 の用語解説(入力の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

入力

コンピューターに対して情報をデータとして与えること。キーボードからの文字入力、フロッピーディスクやMOなどの外部記憶装置からのデータの読み込みなどがこれにあたる。また、デジタルカメラなどからの画像入力マイクからの音声入力などもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

入力

パソコンにデータを入れることです。キーボードで文字、マウスで位置、スキャナウェブカメラで画像、マイクで音声など、パソコンにとってはすべてが入力です。これらの機器をまとめて「入力機器」といいます。
⇨インターフェース、データ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐りょく〔ニフ‐〕【入力】

[名](スル)
機械装置・電気回路などに動力または信号を与えること。
コンピューターで、処理させる情報を入れること。インプット。「パソコンにデータを入力する」⇔出力

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にゅうりょく【入力】

( 名 ) スル
電気回路などの装置に信号・エネルギーなどを与えること。また、その与えるもの。
コンピューターに処理すべきデータを送り込むこと。また、そのデータ。インプット。 ↔ 出力 〔「英和対訳電気用語集」(1908年)に input の訳語として載る〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入力
にゅうりょく
input

電気機器、通信機などで電気の入口より入るものを入力、入口を入力端子とよぶ。これに対して出口を出力端子、それより出るものを出力outputという。電気掃除機では電源コードは入力端子、そこより流れ込む交流電流は入力である。テレビジョンでは電源コードは電源入力端子である。アンテナ端子は信号入力端子、アンテナで電気信号に変換された信号は信号入力である。今日、入力・出力はもっと広く用いられる。電話機で、受話器から聞こえてくる声は電話機の音声出力であり、受話器に話しかける声は音声入力である。コンピュータにデータを読ませることを、データを入力するという。最近では、入力、出力はさらに広い意味でも使われる。たとえば、企業の業務を説明するのに、企業の構成部局を箱で表し、関係ある各部局を線で結ぶ図が用いられる。情報、資材、指令などはこの線に沿って流れ、構成部局の入力端子に供給される。ここで加工された情報、資材、応答は出力端子より流れ出る。各構成部局の機能は、入力に対する出力の関数関係によって表される。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入力の関連キーワードコンピューターマッピングデータグローブデジタルコンピューター入出力光コンピューターハイブリッドコンピューターミニコンピューターコンピュータービジョンファジーコンピューターボードコンピューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入力の関連情報