コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入力 にゅうりょく

パソコンで困ったときに開く本の解説

入力

パソコンにデータを入れることです。キーボードで文字、マウスで位置、スキャナやウェブカメラで画像、マイクで音声など、パソコンにとってはすべてが入力です。これらの機器をまとめて「入力機器」といいます。
⇨インターフェース、データ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐りょく〔ニフ‐〕【入力】

[名](スル)
機械装置・電気回路などに動力または信号を与えること。
コンピューターで、処理させる情報を入れること。インプット。「パソコンにデータを入力する」⇔出力

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうりょく【入力】

( 名 ) スル
電気回路などの装置に信号・エネルギーなどを与えること。また、その与えるもの。
コンピューターに処理すべきデータを送り込むこと。また、そのデータ。インプット。 ↔ 出力 〔「英和対訳電気用語集」(1908年)に input の訳語として載る〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入力
にゅうりょく
input

電気機器、通信機などで電気の入口より入るものを入力、入口を入力端子とよぶ。これに対して出口を出力端子、それより出るものを出力outputという。電気掃除機では電源コードは入力端子、そこより流れ込む交流電流は入力である。テレビジョンでは電源コードは電源入力端子である。アンテナ端子は信号入力端子、アンテナで電気信号に変換された信号は信号入力である。今日、入力・出力はもっと広く用いられる。電話機で、受話器から聞こえてくる声は電話機の音声出力であり、受話器に話しかける声は音声入力である。コンピュータにデータを読ませることを、データを入力するという。最近では、入力、出力はさらに広い意味でも使われる。たとえば、企業の業務を説明するのに、企業の構成部局を箱で表し、関係ある各部局を線で結ぶ図が用いられる。情報、資材、指令などはこの線に沿って流れ、構成部局の入力端子に供給される。ここで加工された情報、資材、応答は出力端子より流れ出る。各構成部局の機能は、入力に対する出力の関数関係によって表される。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

入力の関連キーワード日本語入力フロントエンドプロセッサーMicrosoft IMEソフトウェアキーボードインプットフォーカス日本語入力プログラムシーケンスチェックオートコンプリート日本語入力システムIME 2007日本語入力ソフト日本語入力FEPマルチタップ入力データエントリー音声入力ソフトインテリセンスキーパンチャーオートコレクトフロントエンド漢字入力モードコンピューター

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入力の関連情報