コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無重力状態 ムジュウリョクジョウタイ

デジタル大辞泉の解説

むじゅうりょく‐じょうたい〔ムヂユウリヨクジヤウタイ〕【無重力状態】

重力が働いてないように見える状態。無重量状態のこと。→無重力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の無重力状態の言及

【無重量状態】より

…遠心力は赤道上で最大となるが,その大きさは地球引力の1/2900にすぎない。地球の引力は地球の重心からの距離の2乗に反比例するから,無限遠の距離にある物体に対しては地球の引力は0であり,他の天体からの距離も無限遠であればその場所での物体は無重力場,すなわち無重力状態にあるとみなせる。一方,塔から落下(自由落下)する容器中の物体や遠心力が地球引力と平衡している宇宙船内の物体,液中の浮力が引力と平衡している物体も重力場が働いていないようなふるまいをする。…

※「無重力状態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無重力状態の関連キーワード宇宙食とサプリメント動揺病(乗り物酔い)スペースシップ2補助ロケット宇宙飛行士宇宙旅行病万有引力宇宙酔いグレン無重量IML

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無重力状態の関連情報