コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無重量 ムジュウリョウ

大辞林 第三版の解説

むじゅうりょう【無重量】

重量(重さ)のないこと。地球上では静止している物体は重力を受けて重量を生じるが、宇宙を慣性飛行する人工衛星などの内部では慣性力と重力がつり合って無重量の状態になる。無重力状態ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無重量の関連キーワード国際宇宙ステーション(ISS)JAXA筑波宇宙センター耳のしくみとはたらき無重力落下実験施設マーキュリー計画航空宇宙精神医学宇宙ステーションスカイラブ計画航空宇宙心理学宇宙用ロボット観測ロケット宇宙生物学宇宙旅行病スカイラブ宇宙飛行士無重量状態アポロ計画無重力状態宇宙開発水中写真

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android