無重量(読み)むじゅうりょう

精選版 日本国語大辞典「無重量」の解説

む‐じゅうりょう ‥ヂュウリャウ【無重量】

〘名〙 重力加速度が零となること。地球の重力と軌道運動遠心力とがつり合っている人工衛星内部、宇宙空間惰性飛行するロケット内部、また自由落下するエレベーター内部などで起こる。物体空中に浮いた状態で静止することができる。無重力状態無重力

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無重量」の解説

む‐じゅうりょう〔‐ヂユウリヤウ〕【無重量】

人工衛星自由落下する物体の内部などで、引力慣性力が釣り合って、重さを感じなくなる現象。重力が働いていないように見えることから、無重力ともいう。→無重力
[類語]パワー引力万有引力斥力重力無重力揚力浮力動力推力惰力弾力表面張力向心力求心力遠心力水力火力風力原子力電力磁力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android