コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無重力落下実験施設 むじゅうりょくらっかじっけんしせつdrop tower; drop tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無重力落下実験施設
むじゅうりょくらっかじっけんしせつ
drop tower; drop tube

高い塔や地下深坑を使用して,実験カプセルを自由落下させ,そのときに発生する 10秒間以内の無重量状態を利用する実験施設スペースシャトル等の実験手段に比べ,短時間ではあるが,低コストで,実験の繰り返しができることなどが特徴である。アメリカ,ドイツ,フランスおよび日本などで,長さ数十mから数百mまでのさまざまな施設が存在,あるいは建設中である。日本では,1991年8月に北海道上砂川町の施設が,95年1月に岐阜県土岐市の施設がそれぞれ運用を開始した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android