然りぬべし(読み)サリヌベシ

デジタル大辞泉「然りぬべし」の解説

さり‐ぬ◦べし【然りぬべし】

[連語]《動詞「さり」(ラ変)の連用形+連語「ぬべし」》
そうであるはずだ。適当である。
「―◦べき物やあると、いづくまでも求めへ」〈徒然・二一五〉
相当である。身分がよい。
「―◦べからむ人のなどは」〈・二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android