コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然りぬべし サリヌベシ

デジタル大辞泉の解説

さり‐ぬ◦べし【然りぬべし】

[連語]《動詞「さり」(ラ変)の連用形+連語「ぬべし」》
そうであるはずだ。適当である。
「―◦べき物やあると、いづくまでも求め給へ」〈徒然・二一五〉
相当である。身分がよい。
「―◦べからむ人の娘などは」〈・二四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さりぬべし【然りぬべし】

( 連語 )
適当だ。それにふさわしい。 「中将、わりなくゆかしがれば、-・べき、少しは見せん、かたはなるべきもこそと/源氏 帚木
相当である。身分の高い。 「なほ-・べからむ人の女などは/枕草子 22

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone