コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煩瑣哲学 はんさてつがく

大辞林 第三版の解説

はんさてつがく【煩瑣哲学】

スコラ哲学を、ささいなことを無意味に細かく議論するものとして低く評価する際の蔑称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の煩瑣哲学の言及

【スコラ学】より

…スコラ学は16,17世紀に偉大なトマス注釈家たち(カエタヌス,ビトリア,スアレス)によって復興され,さらに19世紀後半に起こったトマス哲学再生運動にともなって〈新スコラ学〉の名の下に影響力を回復する(トミズム)。現在ではスコラ学を〈暗黒時代の哲学〉〈煩瑣哲学〉として無視する傾向はしだいに後退し,哲学史ないし科学史的研究の対象,ないし宗教哲学的関心の対象としての地位を確保している。中世科学【稲垣 良典】。…

※「煩瑣哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

煩瑣哲学の関連キーワードスコラ哲学スコラ学蔑称

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android