コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熔岩堤防 ようがんていぼう lava levee, levee

1件 の用語解説(熔岩堤防の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

熔岩堤防

熔岩が流動した際に側壁部分が固結して,その内部を熔岩が流出して残った堤防状の壁[佐藤 : 1950, Sparks : 1976, 守屋 : 1978].熔岩溝の側面である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熔岩堤防の関連キーワード火成岩自破砕状組織熔岩滴丘集塊熔岩圧力台地スクイーズ・アップ熔岩溝熔岩樹型熔岩隧道熔岩石筍

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone