コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱間圧延 ねっかんあつえん

大辞林 第三版の解説

ねっかんあつえん【熱間圧延】

金属を高温に加熱して行う圧延加工。 ↔ 冷間圧延

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の熱間圧延の言及

【圧延】より

…プラスチックをカレンダーロールと呼ばれる比較的細い2本のロールの間を通して,ラップ類や小さな調味料容器用の膜を製造するのも圧延の一種である(プラスチック成形加工)。
[圧延工程]
 金属材料は圧延によって,板,棒,線,形材,管などに加工されるが,その際に材料を加熱した状態で行う熱間圧延hot rollingと,加熱しないで行う冷間圧延cold rollingとがある。熱間圧延は大きな変形が可能であり,インゴットを分塊圧延したり,板材,形材の圧延に適しているが,仕上げ面が酸化される欠点がある。…

※「熱間圧延」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱間圧延の関連キーワードクラッド鋼板冷間圧延鋼材アルクラッドケイ素鋼板合せ鋼板冷間圧延広幅帯鋼可鍛鋳鉄圧延鋼材黒皮帯鋼異形棒鋼ロール薄鋼板鉄粉帯鋼鉄鋼鋼片鉄筋圧延鉄骨

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱間圧延の関連情報