コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片手人形(読み)カタテニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

かたて‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【片手人形】

操り人形で、左手で胴を支え、右手で人形の右手を動かす使い方。人形の左手は動かさない。文楽の詰め人形や各地の民俗人形劇にみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたてにんぎょう【片手人形】

一人遣いの操り人形で、左手で胴を持ち、右手で人形の右手を動かす方式。また、その人形。文楽のツメ(端役)はその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の片手人形の言及

【人形浄瑠璃】より

…人形の下から手を突っ込んで遣ういわゆる一人遣いから二人遣い,三人遣いの3方法がある。1703年(元禄16)に《曾根崎心中》のお初を遣った辰松八郎兵衛は突込み人形の名人といわれるが,彼はこのほか,片手人形や手妻(てづま)人形を遣ったという。片手人形は,人形の胴の背後から手を入れて片手で遣ったところから名付けられたが,ときには両手で2体,3体,5体,7体の人形を遣った。…

※「片手人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android