コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片積雲 へんせきうん

2件 の用語解説(片積雲の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

へんせきうん【片積雲】

積雲の一種。積雲がちぎれ、また孤立した断片として発生する、縁の乱れた雲の小塊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

片積雲【へんせきうん】

積雲の一種。不規則な形の引き裂かれたような小片として現れる積雲。高さは1000m以下が多い。積雲が強い風で流されてちぎれたものと,初めから片積雲として発生したものがある。
→関連項目ちぎれ雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

片積雲の関連キーワード高積雲層積雲層流巻積雲曳裂不規則イレギュラーヘム捏ね芋引き裂かれ聚斑状

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone