コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片積雲 へんせきうん

大辞林 第三版の解説

へんせきうん【片積雲】

積雲の一種。積雲がちぎれ、また孤立した断片として発生する、縁の乱れた雲の小塊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

片積雲【へんせきうん】

積雲の一種。不規則な形の引き裂かれたような小片として現れる積雲。高さは1000m以下が多い。積雲が強い風で流されてちぎれたものと,初めから片積雲として発生したものがある。
→関連項目ちぎれ雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

片積雲の関連キーワード小塊

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android