コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐の剃刀 キツネノカミソリ

デジタル大辞泉の解説

きつね‐の‐かみそり【×狐の剃刀】

ヒガンバナ科の多年草山野に生え、高さ約40センチ。地下茎はラッキョウ形。春、線形の葉を出す。夏、葉の枯れたのちに花茎を伸ばし、黄赤色の6弁花を数個開く。有毒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつねのかみそり【狐の剃刀】

ヒガンバナ科の多年草。山野に生える。全草ヒガンバナに似る。葉はやや幅狭く、白緑色で軟らかい。初秋、約40センチメートルの花茎を立て、黄赤色で漏斗形の六弁花を数個つける。有毒植物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狐の剃刀の関連キーワードヒガンバナ科有毒植物初秋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android