コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐の絵筆 キツネノエフデ

デジタル大辞泉の解説

きつね‐の‐えふで〔‐ヱふで〕【×狐の絵筆】

スッポンタケ科のキノコ。秋、竹林に生える。初めは白い卵形で、のち伸びて角状となり、先は赤く中空。上端胞子を含む黒い粘液があり、悪臭を放つ。きつねのえかきふで。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きつねのえふで【狐の絵筆】

担子菌類腹菌目のきのこ。秋、竹やぶなどに生える。高さ10センチメートル 内外の先細りする角柱形で、絵筆に似る。下端は白く、上端は濃赤色。悪臭を放つ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

狐の絵筆の関連キーワード絵筆下端

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android