上(げ)端/上(げ)羽(読み)アゲハ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐は【上(げ)端/上(げ)羽】

謡曲のクセの中程で、シテなどが上音(じょうおん)で謡う部分。

うわ‐は〔うは‐〕【上端】

《「うわば」とも》
物の上面、または上部の端。
「荷負箪笥の―をこつこつと指さきでたたいてみせた」〈里見弴・小さな命〉
単位未満の端数。特に金銭で、まとまった区切りのよい額をわずかに超えた、はしたの金。

じょう‐たん〔ジヤウ‐〕【上端】

上の方の端。⇔下端
上限(じょうげん)3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うわは【上端】

〔「うわば」とも〕
物の上部のはし。
ある単位に達しない数。特に、金勘定の際の端数。

じょうたん【上端】

上部の端。 ⇔ 下端かたん
〘数〙 「上限じようげん」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android