コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上(げ)端/上(げ)羽 アゲハ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐は【上(げ)端/上(げ)羽】

謡曲のクセの中程で、シテなどが上音(じょうおん)で謡う部分。

うわ‐は〔うは‐〕【上端】

《「うわば」とも》
物の上面、または上部の端。
「荷負箪笥の―をこつこつと指さきでたたいてみせた」〈里見弴・小さな命〉
単位未満の端数。特に金銭で、まとまった区切りのよい額をわずかに超えた、はしたの金。

じょう‐たん〔ジヤウ‐〕【上端】

上の方の端。⇔下端
上限(じょうげん)3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うわは【上端】

〔「うわば」とも〕
物の上部のはし。
ある単位に達しない数。特に、金勘定の際の端数。

じょうたん【上端】

上部の端。 ↔ 下端かたん
〘数〙 「 上限じようげん 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上(げ)端/上(げ)羽の関連キーワード肘関節(ちゅうかんせつ)コードボールタイトルバーペッサリー喉頭結節披裂軟骨単純段差子宮体部菖蒲鍬形子宮底長甍覆い肘関節中浮け膝蓋腱経の巻針の穴開き柱荒手網上詰め鶍継ぎ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android