コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹林 タケバヤシ

デジタル大辞泉の解説

たけ‐ばやし【竹林】

竹の群がり生えている所。たけやぶ。ちくりん。

ちく‐りん【竹林】

竹の林。竹やぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

林業関連用語の解説

竹林

森林とする竹林は、竹材の生産を主目的とするもので、肥培管理をして、たけのこ生産を主目的とする竹林は耕地であるから除く。

出典|農林水産省林業関連用語について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

竹林(ちくりん)

岡山県、丸本酒造株式会社の製造する日本酒。原料米に山田錦を使用した純米酒

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくりん【竹林 bamboo forest】

タケ類から成る林。日本の竹林の大部分はマダケモウソウチクである。マダケの栽培北限は青森県,モウソウチクは函館付近とされている。樹木の造林のように山地に植栽するというよりは,農家の近くや里山丘陵地におもに造成され,経営管理されてきた。竹材は農業用資材,日用のさまざまの器具類,家具や建築のための用材など広く多様な用途をもち,たけのこ,とくにモウソウチクのそれは食用として広く親しまれている。個々のタケ稈(かん)は10年以上の寿命をもつから,竹林を放置すると古いタケが多くなって新しいタケの発生が少なくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たけばやし【竹林】

竹やぶ。ちくりん。

ちくりん【竹林】

竹が群がって生えている所。竹やぶ。たけばやし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹林
ちくりん

タケが優占する林。タケは同類のササを含めて世界で約80属、1030種余りが分類され、とくにアジア、ラテンアメリカなどに広く分布し、また栽培されている竹林も増えている。タケは、建築材、農用資材、パルプ材、炭材、工芸材など用途も多く、タケノコが食用となる種も多い。九州地方にはモウソウチクやマダケ林が多く、関東から東北地方にかけてはハチクやメダケ林が多い。樹木の幹にあたる部位をタケでは稈(かん)という。タケとササの違いは、稈の成長後、早期にタケの皮が離脱するものをタケ、稈の成長後も離脱しないものをササとしており、和名だけからは判断しにくい。また一般にタケは高く森林状になるが、ササは低く草原状になることが多い。タケ・ササは毎年新しい稈を地下茎からタケノコとして発生させるが、地上に出た稈は数か月で成長を終え、その後は伸びも太りもしない。
 竹林では毎年タケノコが発生するため、竹林を放置すると過密状態となり、やがてタケノコの発生本数が減り、細い稈しか得られなくなるのと同時に生産量も低下するので、適当量を伐採して本数密度を管理することがたいせつである。1980年代あたりから林業の不振に加えて、海外からの安いタケノコや竹細工の輸入が増えたため、里山では手入れ不足の竹林が増え、竹林面積も拡大している。2000年代に写した航空写真と1970年代辺りのそれを比較すると竹林の面積は1.5倍以上増えている。地目上は畑、果樹園、林地になっているところでも竹林に変化しているところが急増しているのである。竹林は生物多様性に乏しく、水土保全的にも不安な点があるので、竹林の拡大は抑えなければならない。そのためには農山村の再生を図り、竹林の利用、手入れが重要である。[蜂屋欣二・藤森隆郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

竹林の関連キーワード広島県東広島市河内町入野竹林寺用倉山県立自然公園大阪府大阪市西区本田三重県尾鷲市古戸野町岡山天体物理観測所甘酒まんじゅう森林火災保険七の賢しき人西善橋東晋墓榎田 柳葉女吉見台右衛門石戸藤左衛門竹林の七賢山濤・山涛竹群・竹叢雪中の筍藤井瑞景石堂如成頻婆娑羅狐の絵筆

竹林の関連情報