玄酒(読み)げんしゅ

普及版 字通「玄酒」の解説

【玄酒】げんしゆ

水。祭祀用語。〔礼記、礼運〕酒室に在り。〔〕玄酒とは水を謂ふなり。

字通「玄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の玄酒の言及

【玄】より

…それは〈天地玄黄〉といわれるように本来天の色である。また〈玄酒〉といえば祭礼のさいに酒の代用とされる水を意味する。哲学として〈玄〉をとくに強調したのは前漢末の揚雄が《易経》になぞらえてつくった《太玄経》であり,また《老子》の〈無〉に基礎をおく魏・晋の哲学は〈玄学〉とよばれた。…

※「玄酒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android