コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲン

デジタル大辞泉の解説

げん【玄】

赤または黄を含む黒色。
老荘思想で説く哲理。空間・時間を超越し、天地万象の根源となるもの。
微妙で奥深いこと。深遠なおもむき。
「―を談じ理を折(ひら)く」〈太平記・一〉
《玄のつく名が多いところから》江戸時代の遊里で、医者のこと。また、医者を装ったところから、僧侶の客をいう。玄様。
「浅草あたりの―、色里にうかれゆきけるに」〈浮・常々草〉

げん【玄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]くろ くろい
赤または黄を帯びた黒色。「玄黄玄米
奥深くて暗い。「玄関玄室玄妙幽玄
奥深い道理。「玄学
はるかに遠い。「玄孫
[名のり]しず・しずか・つね・とお・とら・のり・はじめ・はる・はるか・ひかる・ひろ・ふか・ふかし
[難読]玄鳥(つばくらめ)玄孫(やしゃご)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げん【玄 xuán】

老子》第1章に〈玄のまた玄,衆妙の門〉とあるように,存在の根源にある幽遠にして神秘的なものをあらわす。色としては黒。それは〈天地玄黄〉といわれるように本来天の色である。また〈玄酒〉といえば祭礼のさいに酒の代用とされる水を意味する。哲学として〈玄〉をとくに強調したのは前漢末の揚雄が《易経》になぞらえてつくった《太玄経》であり,また《老子》の〈無〉に基礎をおく魏・晋の哲学は〈玄学〉とよばれた。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げん【玄】

黒い色。黒。
天。 「黄に満ち-に満てり/三教指帰」
老荘思想の根本概念。万物の根源としての道。
奥深くて微妙なこと。深遠な道理。 「 -を談じ理を折ひらく/太平記 1
陰暦九月の異名。
〔多く、名に「玄」のつくことからという〕 遊里で、医者のこと。また、多くの僧は遊里へ行く時に医者の姿をしていたことから、僧のこと。玄様。 「浅草あたりの-いろ里にうかれゆきけるに/浮世草子・新吉原常々草」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【黒】より

…無彩色だから明度(色の3属性の一つで,色の明るさを表す)によって規定され,黒は明度0である。
[象徴としての黒]
 くろい意を表す漢字は黒のほかに玄があり,古くはむしろこちらのほうが多く使われた。玄の字は黒い糸を束ねた形で,かすかで見にくいところから天の色とされ,また北方の色とされた。…

【黒】より

…無彩色だから明度(色の3属性の一つで,色の明るさを表す)によって規定され,黒は明度0である。
[象徴としての黒]
 くろい意を表す漢字は黒のほかに玄があり,古くはむしろこちらのほうが多く使われた。玄の字は黒い糸を束ねた形で,かすかで見にくいところから天の色とされ,また北方の色とされた。…

※「玄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玄の関連キーワード石上玄一郎(いしがみげんいちろう)井上因碩(2世)鄭玄(ていげん)玄慧(げんえ)林門入(3世)フリーボード普雪堂玄鷺玄慧・玄恵無関普門南浦文之寺井玄東賀川子啓西吉兵衛久坂通武里村玄仍賀川有斎賀川子玄天草玄察高橋玄旦増井勝之

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄の関連情報