コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉井 伊三郎 タマイ イサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

玉井 伊三郎
タマイ イサブロウ

昭和期の考古学者 吉備考古学会副会長。



生年
明治21(1888)年6月11日

没年
昭和42(1967)年4月2日

出生地
岡山県岡山市

別名
幼名=房治

学歴〔年〕
関西中学校卒

経歴
家業である青果商に従事しながら、タマヰ炊事器具研究所を興し、台所や炊事器具の改良・改善に当たった。その一方、考古学の研究を進め、昭和2年同好の士と共に考古談話会を結成。同会はのちに岡山考古会・吉備考古会・吉備考古学会に改称するが、一貫して副会長として会誌「吉備考古」(のち「吉備文化」に改題)の執筆・編集を担当した。この間、昭和4年岡山県で収集した古瓦をまとめて「吉備古瓦図譜」として刊行し、学会を裨益した。戦後も研究を続け、地方史学の発展に貢献。また、弓道にも秀で(五段)、岡山県弓道連盟会長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android