コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉屋山三郎 たまや さんざぶろう

2件 の用語解説(玉屋山三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉屋山三郎 たまや-さんざぶろう

?-? 江戸時代後期の遊女屋,版元。
江戸新吉原玉屋の主人。廓中の惣名主(そうなぬし)をつとめる。嘉永元年(1848)蔦屋(つたや)重三郎が生前刊行を独占していた「吉原細見(さいけん)」の版元となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

玉屋山三郎

生年:生没年不詳
江戸中・後期の町人。江戸新吉原江戸町1丁目の妓楼角の玉屋(火焔玉屋)代々の主人。宝暦6(1756)年以後,大見世の大三浦屋の廃絶によって吉原の惣名主となり,抱えの遊女に多くの名妓を出したことで知られた。天保末年から弘化年間(1844~48)にかけて,それまで書肆の蔦屋重三郎が独占していた,吉原廓内の案内記ともいうべき『吉原細見』の刊行をめぐる紛争が起こったが,嘉永1(1848)年秋以降,細見株を手に入れてこれを収め,明治5(1872)年まで玉屋版として独占的に『吉原細見』を刊行した。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉屋山三郎の関連キーワード柏木水枝大尽舞揚屋町ありんすおたんちん新吉原蔦屋次節庄司勝富十寸見蘭洲(初代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone