コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

版元/板元 ハンモト

1件 の用語解説(版元/板元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐もと【版元/板元】

図書などを出版する所。出版元。発行所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の版元/板元の言及

【浮世絵】より


【形式】
 浮世絵の主たる表現形式は終始木版画であり,肉筆画は従の関係にあった。浮世絵版画は,商業資本である版元の企画の下に絵師,彫師,摺師3者の技術が動員された結果の産物であり,下絵を提供する絵師の表現には,おのずから相当の制約が課せられたものであった。
[浮世絵以前の版画]
 日本における木版画の歴史は古い。…

【書店】より

…本屋ともいう。江戸期初め民間で出版活動がはじまってから明治初期までは,板元(はんもと)(版元,書肆(しよし),本屋)が編集から製作,卸,小売,古書の売買を一手におこなっていた。したがって,書店とは本来,出版社,取次店,新刊本小売店,古書店の総称であり,現在も出版社,取次店が書店を名のるのはそのなごりである。…

【版画】より

…そういう点では,きわめて個人的な想像力を喚起する媒体でもありうるところから,近代芸術の要件を満たしているのである。
[版画制作]
 版画は,ヨーロッパではおそくとも16世紀から版元(出版者)が画家に下絵を求め,それを版刻者(狭義の版画家)が製版し,版元が職人を使って印刷するという企業体制ができていた。版画の下端に版元excudit,excud.,ex.,fecit,f.,画家delineavit,del.,pinxit,版刻者sculpsit,sculp.などと記銘されることが多い。…

※「版元/板元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

版元/板元の関連キーワード印税奥付限定出版再版私版出版契約発刊予約出版中野小左衛門(2代)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone