コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球火山帯 リュウキュウカザンタイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琉球火山帯
りゅうきゅうかざんたい

霧島火山帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

琉球火山帯
りゅうきゅうかざんたい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の琉球火山帯の言及

【火山帯】より


[霧島火山帯]
 活火山である霧島山を盟主とし,九州から南西諸島を経て台湾北端に至る火山帯。琉球火山帯ともいい,西日本火山帯の主要部分をなす。かつては霧島山以南とされていたが,第2次大戦後,瀬戸内火山帯が第三紀のものであることが判明してからは,九州中部の活火山阿蘇山も含める。…

※「琉球火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

琉球火山帯の関連キーワード湯ノ児[温泉]八方ヶ岳火山帯霧島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android