コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧島火山帯 きりしまかざんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霧島火山帯
きりしまかざんたい

九州中央部の阿蘇山から琉球列島を経て台湾北端タートン (大屯) 火山まで達する火山帯。北部には世界的な大カルデラで有名な阿蘇火山をはじめ,鹿児島県姶良 (あいら) ,阿多,喜界の九州四大カルデラがある。火山としては,阿蘇山,霧島山桜島開聞岳をはじめ,硫黄島,吐 噶喇 (とから) 列島,鳥島などが南西諸島主軸の西側に並び,活火山が多い。阿蘇周辺の台地や南九州シラス台地などは,カルデラ形成前に噴出した溶結凝灰岩や軽石流 (→浮石流 ) ,降下軽石層などから成り,その表面は,カルデラ形成後にできた阿蘇中央火口丘,霧島山,桜島,開聞岳などの新期火山噴出物で広くおおわれている。琉球火山帯ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きりしまかざんたい【霧島火山帯】

阿蘇山を北端とし、霧島山・桜島・開聞かいもん岳・吐噶喇とから列島を経て硫黄鳥島に続く火山帯。溶結凝灰岩が噴出したあとに、大カルデラが形成された所が多い。阿蘇・姶良あいら・阿多(指宿いぶすき)・鬼界の四大カルデラは有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧島火山帯
きりしまかざんたい

九州の阿蘇山(あそさん)を北端とし、霧島山(やま)から、鹿児島県の吐(とから)列島、沖縄鳥島(とりしま)(硫黄(いおう)鳥島、琉球(りゅうきゅう)鳥島ともいう)を経て、台湾北端へ連なる火山帯。琉球火山帯ともいうが、現在では西日本火山帯として一括され、霧島火山帯という名称はあまり用いられない。おもに安山岩からなる第四紀の火山帯で、北部には阿蘇、姶良(あいら)、指宿(いぶすき)(阿多(あた))、鬼界(きかい)の四大カルデラがある。更新世(洪積世。約260万~1万年前)に、これらのカルデラをつくった噴火で放出された火砕流堆積(たいせき)物は灰石(はいいし)やシラスなどと通称され、九州中~南部を広く覆っている。阿蘇山、霧島山、桜島、開聞(かいもん)岳、吐喇硫黄島、口永良部(くちのえらぶ)島、中之島、諏訪瀬(すわのせ)島、沖縄鳥島などの活火山が並んでいるが、沖縄鳥島から先は、先島(さきしま)諸島西表(いりおもて)島北東沖での海底噴火の記録があるだけで、実態はつかめていない。[諏訪 彰・中田節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の霧島火山帯の言及

【火山帯】より

…前者は西日本火山帯,後者は東日本火山帯の一部である。
[霧島火山帯]
 活火山である霧島山を盟主とし,九州から南西諸島を経て台湾北端に至る火山帯。琉球火山帯ともいい,西日本火山帯の主要部分をなす。…

※「霧島火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

霧島火山帯の関連キーワード阿蘇くじゅう国立公園霧島錦江湾国立公園鳥島(沖縄県)十島(村)口永良部島吐噶喇列島シラス台地大隅諸島諏訪瀬島横当島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android