コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞歯含む ミズハグム

デジタル大辞泉の解説

みずは‐ぐ・む〔みづは‐〕【×瑞歯含む】

[動マ四]《瑞歯2が生える意からか》非常に年をとる。みずはさす。
「むばたまのわが黒髪はしらかはの―・むまでなりにけるかな」〈大和・一二六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みずはぐむ【瑞歯含む】

( 動四 )
〔歯のなくなった老人が再び瑞歯が生じるほど長く生きている意〕
はなはだしく年をとる。みずはさす。 「惟光が父の朝臣の乳母に侍し者の-・みて住み侍るなり/源氏 夕顔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

瑞歯含むの関連キーワードしら黒髪惟光瑞歯

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android