コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞歯/稚歯 ミズハ

デジタル大辞泉の解説

みず‐は〔みづ‐〕【×瑞歯/稚歯】

若々しく生命力のある歯。
老人になってから再び生えた歯。長寿のしるしとして、めでたいこととされた。
非常に年老いること。また、老人。
「かまど守る―の嫗(おみな)庵(いほり)よりはひいでの小田の早苗取る見よ」〈夫木・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瑞歯
みずは

歯を褒めていう語で、みずみずしい歯、めでたい歯の意。「みず」は、若々しく生き生きした、みずみずしい状態を表し、新しく清らかで、めでたいようすを褒める語である。また、老人になり歯が抜け落ちてからもう一度生えた歯を称し、長寿の吉相としてめでたいものとされた。「瑞歯ぐむ」「瑞歯さす」という語句があり、老人に瑞歯が生える意とされるが、転じて、甚だしく年老いること、老人を意味する語となった。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瑞歯/稚歯の関連キーワード江田船山古墳出土大刀銘住吉仲皇子履中天皇反正天皇瑞歯含む大人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android