みず(読み)ミズ

  • みず みづ
  • みず〔みづ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 イラクサ科一年草。本州中部以西、四国、九州の山野の湿地に生える。高さ五~三〇センチメートル。茎、葉ともに多汁質で柔らかい。葉は長柄をもち対生。葉身は長さ一・五~四センチメートルの卵状ひし形で縁に鋸歯がある。夏から秋にかけ、葉腋に淡黄色の小花が球状に群がってつく。茎が半透明で柔らかく分が多くてみずみずしいところからいう。〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みずの関連情報