コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞鳳塚 ずいほうづかSǒbong-ch'ong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瑞鳳塚
ずいほうづか
Sǒbong-ch'ong

韓国,慶尚北道慶州市にある三国時代新羅の小古墳。 1926年の発掘調査の際,鳳凰形の飾りのついた黄金製の冠,ガラス製の腕輪,耳飾りほかの各種装身具,漆器,飲食器などを出土した。出土品中の装身具類は北アジア民族文化の様式を濃く受継ぎ,中国系とは異なった様相を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

瑞鳳塚の関連キーワード慶州古墳群吏読文字

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android