コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦茸 カワラタケ

大辞林 第三版の解説

かわらたけ【瓦茸】

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。広葉樹の枯れた材に屋根瓦のように多数重なりあって生ずる。傘は半円形で径2~7センチメートル、表面に同心円的な縞模様がある。裏面には多数の管孔くだあながあり、その内面に担子胞子を生ずる。雲茸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瓦茸 (カワラタケ)

学名:Coriolus versicolor
植物。サルノコシカケ科の一年生キノコ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

瓦茸の関連キーワード担子胞子広葉樹縞模様裏面多数内面

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android