扇形(読み)おうぎがた

精選版 日本国語大辞典「扇形」の解説

おうぎ‐がた あふぎ‥【扇形】

〘名〙
を広げた形をしていること。また、そのもの。おうぎなり。せんけい。
※武家名目抄(19C中か)居処部「高忠聞書云 笠懸躰拝并射手の出立の事〈略〉あふきがたへ打入れ、中程にひかへ、矢をさしはけて手綱を二重にかいくり」
② 数学で、円弧とその両端を通る半径で囲まれた図形。せんけい。〔工学字彙(1886)〕

せん‐けい【扇形】

〘名〙
① 扇の形。扇を開いたような形。おうぎがた。扇状
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉七「本堂の東に在る扇形(センケイ)芝生が」
② 一つの円とその両端に引いた半径とで囲まれた平面図形。おうぎがた。

おうぎ‐なり あふぎ‥【扇形】

※寛永刊本蒙求抄(1529頃)三「は女の乗車ぞ。それには物をさしををうぞ。を扇なりにするぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「扇形」の解説

扇形
おうぎがた
sector

円Oにおける扇形とは,2つの半径とそれらの端点A,Bを結ぶ弧によって囲まれた図形 OABのことである。弧 ABをこの扇形の弧,中心角 AOBを扇形の角という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「扇形」の解説

おうぎ‐がた〔あふぎ‐〕【扇形】

扇を広げた形。おうぎなり。せんけい。
弧の両端を通る二つの半径と、その弧とで囲まれた図形。せんけい。

せん‐けい【扇形】

おうぎがた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「扇形」の解説

せんけい【扇形 sector】

扇形(おうぎがた)ともいう。Oを中心とする円の周上に2点A,Bをとるとき,AからBまでいく円周の部分と半径OA,OBによって囲まれる図形を扇形AOBといい,をその弧,角AOBをその中心角という。半径OAの長さをrとし,中心角をθラジアンとするとき,弧の長さはrθで,扇形AOBの面積は1/2r2θで与えられる。【中岡 稔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の扇形の言及

【扇形】より

…扇形(おうぎがた)ともいう。Oを中心とする円の周上に2点A,Bをとるとき,AからBまでいく円周の部分と半径OA,OBによって囲まれる図形を扇形AOBといい,をその弧,角AOBをその中心角という。…

※「扇形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android