生浮かび(読み)ナマウカビ

デジタル大辞泉の解説

なま‐うかび【生浮かび】

十分な覚悟をもたずに仏道に入ること。
「―にては、かへりて悪しき道にも漂ひぬべくぞ覚ゆる」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android