コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚悟 カクゴ

デジタル大辞泉の解説

かく‐ご【覚悟】

[名](スル)
危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と覚悟する」
覚えること。記憶すること。
「時にあたりて本歌を―す」〈徒然・二三八〉
知ること。存知。
「郎従小庭に伺候の由、全く―仕らず」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくご【覚悟】

( 名 ) スル
危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること。 「決死の-」 「危険は-の上だ」 「 -はできている」
〘仏〙 悟りを開くこと。
知ること。 「郎従小庭に伺候の由、全く-仕らず/平家 1
覚えること。 「本歌を-す/徒然 238
観念すること。あきらめること。 「がつきめ、御意ぢや-せい/狂言・武悪」
[句項目] 覚悟の前

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

覚悟の関連キーワード身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ糧を捨てて船を沈む死地に陥れて後生く観念の臍を固める水火も辞さない馬革に尸を裹む首を洗って待つ死線を越えてロスリーダー一戦を交える命に懸けて命を捧げる首を賭ける骨を埋める命を懸ける意を決する肝を据える腹が決まる死を決する腹を据える

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚悟の関連情報