覚悟(読み)カクゴ

デジタル大辞泉の解説

かく‐ご【覚悟】

[名](スル)
危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と覚悟する」
覚えること。記憶すること。
「時にあたりて本歌を―す」〈徒然・二三八〉
知ること。存知。
「郎従小庭に伺候の由、全く―仕らず」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくご【覚悟】

( 名 ) スル
危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること。 「決死の-」 「危険は-の上だ」 「 -はできている」
〘仏〙 悟りを開くこと。
知ること。 「郎従小庭に伺候の由、全く-仕らず/平家 1
覚えること。 「本歌を-す/徒然 238
観念すること。あきらめること。 「がつきめ、御意ぢや-せい/狂言・武悪」
[句項目] 覚悟の前

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚悟の関連情報