コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業考古学会

1件 の用語解説(産業考古学会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

産業考古学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japan Industrial Archaeology Society」、略称は「JIAS」。産業遺産に基づいて、技術文化を実証的に調査・研究する。事務局所在地東京都文京区

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の産業考古学会の言及

【産業考古学】より

…しかし産業考古学の誕生は,遺跡・遺物によって過去の文化を研究する学問と定義される考古学が,時代上の下限を議論するための重要なきっかけを提供している。日本では77年に〈産業考古学会〉が創立され,当時の明治村館長谷口吉郎が初代会長となった。いくつかの地方支部ならびに〈金属・鉱山分科会〉〈繊維研究会〉〈水車と臼の研究会〉などの分科会が設けられ,会報として《産業考古学》を発行している。…

※「産業考古学会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

産業考古学会の関連キーワードICSU学術会議学術団体学術用語SCJISIJ日本学術振興会法日本学術会議会長談話広渡清吾未来開拓学術研究推進事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産業考古学会の関連情報