田口 卯吉(読み)タグチ ウキチ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

田口 卯吉
タグチ ウキチ


肩書
衆院議員,両毛鉄道社長

本名
田口 鉉

別名
字=子玉 号=田口 鼎軒(タグチ テイケン)

生年月日
安政2年4月29日(1855年)

出生地
江戸・目白台(東京都文京区)

学位
法学博士〔明治32年〕

経歴
明治2年沼津で小学校、ついで勝海舟の兵学校に学び、4年大学予備門、退学後尺振八の私立共立学舎で医学を研究。5年大蔵省翻訳局に入り、洋書翻訳に当たる。7年紙幣寮に勤務。10年嚶鳴社に参加。同年から「日本開化小史」を執筆、文名を高めた。自費出版し25年完成。12年「東京経済雑誌」を創刊、自由主義の立場で政府の経済政策を批判。17年には「大日本人名辞書」の編纂に着手、19年完了。24年「史海」を発行、史学の科学的研究に貢献した。また「国史大系」や「群書類従」を編纂刊行。この間、東京株式取引所肝煎、東京府会、市会各議員、20年両毛鉄道社長を務め、27年には衆院議員に当選した。著書は他に「自由貿易日本経済論」「支那開化小史」(全5巻)「日本開化の性質」「日本之意匠及情交」「楽天録」、「鼎軒田口卯吉全集」(全8巻、同人社)がある。

没年月日
明治38年4月13日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

田口 卯吉 (たぐち うきち)

生年月日:1855年4月29日
明治時代の歴史家;経済学者;実業家。衆議院議員
1905年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田口 卯吉の関連情報