編纂(読み)ヘンサン

デジタル大辞泉の解説

へん‐さん【編×纂】

[名](スル)いろいろの材料を集め、整理・加筆などして書物にまとめること。編修。「辞書を編纂する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんさん【編纂】

( 名 ) スル
いろいろな材料を集めて整理し書物をつくること。編修。 「国史を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

編纂

一定の方針のもとに複数の著作や項目を集め,取捨選択,再編成し,一つの出版物にすること.例えば,特定著者による著作を集めて著作集を作る場合や,あるテーマの著作を集めて合集,選集を作る場合に用いる.辞書などのレファレンスブックにも用いられることがある.一般に元の著作などには手を入れない.編纂者の出版物への関与の度合いは編者よりも強いとみなされ,『日本目録規則1987年版改訂3版』では著者と同等に扱われている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

編纂の関連情報