申告納税制度(読み)しんこくのうぜいせいど

  • しんこくのうぜいせいど〔シンコクナフゼイ〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

納税義務者が税額を計算し、課税庁申告・納付することで税額が決定する制度所得税、法人税、相続税などの国税分野と、法人住民税などの地方税分野で採用されている。コンプライアンス前提となっている制度であるため、納税者が意図的に脱税を行なうことを阻止できない。そのため、申告納税制度を補完するものとして、一部の納税者を選定して税務調査を行なう制度や、脱税や申告の遅延に対して、追徴課税をできる「更生決定」が国税庁には認められている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

納税者自らが、自分の所得や税額を税務行政庁に申告することによって、納付すべき税額が確定する制度。これに対して、納付すべき税額が税務行政庁の処分によって確定する制度を賦課課税制度という。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

申告納税制度の関連情報