納税者(読み)のうぜいしゃ

精選版 日本国語大辞典「納税者」の解説

のうぜい‐しゃ ナフゼイ‥【納税者】

〘名〙 税金を納める人。納税の義務のある人。また、源泉徴収などにより税金を徴収して納付する義務のある人。納税人。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「其金額は納税者の自由に任す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「納税者」の解説

のうぜいしゃ【納税者】

実定法上,このには二つの意味がある。第1に,国税通則法上は,納税義務者のうち第二次納税義務者,保証人,源泉徴収等による国税の納税義務者を除外したもの,および徴収納付義務者の両者をあわせて納税者という(2条5号)。第2に,国税徴収法上は,国税通則法上の納税者に第二次納税義務者と保証人を含めたものを納税者という(国税徴収法2条6,7,8号)。しかし,実定法とは別に一般的には,納税者という語は,国民を納税義務の負担者という側面からとらえた概念として用いられることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android