コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠田物 ハタケダモノ

デジタル大辞泉の解説

はたけだ‐もの【×畠田物】

備前国邑久(おく)郡畠田の刀工畠田一門が鍛えた刀。元暦年間(1184~1185)から応永年間(1394~1428)に産出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はたけだもの【畠田物】

鎌倉時代から南北朝時代にかけて、備前国邑久おく郡畠田の畠田守家を始祖とする刀工の一派が鍛えた刀剣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

畠田物の関連キーワード南北朝時代鎌倉時代一派始祖刀剣

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android