コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前 ビゼン

大辞林 第三版の解説

びぜん【備前】

旧国名の一。岡山県南東部に当たる。
岡山県南東部にある市。近世、山陽道の宿場町。蠟石ろうせきを原料とした耐火煉瓦れんがと備前焼の産地。閑谷黌しずたにこうがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

備前の関連キーワード岡山県備前市吉永町神根本岡山県備前市吉永町都留岐岡山県備前市吉永町吉永中岡山県備前市吉永町和意谷岡山県備前市吉永町岩崎岡山県備前市吉永町笹目岡山県備前市吉永町金谷岡山県備前市吉永町高田岡山県備前市吉永町福満岡山県備前市日生町寺山岡山県備前市日生町寒河岡山県備前市吉永町南方岡山県備前市吉永町今崎岡山県備前市吉永町多麻岡山県備前市吉永町三股岡山県備前陶芸美術館岡山県備前市伊里中岡山県備前市東片上岡山県備前市麻宇那岡山県備前市浦伊部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

備前の関連情報