備前(読み)ビゼン

大辞林 第三版の解説

びぜん【備前】

旧国名の一。岡山県南東部に当たる。
岡山県南東部にある市。近世、山陽道の宿場町。蠟石ろうせきを原料とした耐火煉瓦れんがと備前焼の産地。閑谷黌しずたにこうがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

びぜん【備前】

[1]
[一] 山陽道八か国の一国。古くは吉備国の一部。大化改新後に備前・備中・備後の三か国に分割されて成立。さらに和銅六年(七一三)美作国(みまさかのくに)を分離。鎌倉時代は土肥・佐々木・長井氏が、室町時代は松田・赤松・山名氏が守護となったが、天正一〇年(一五八二)宇喜多秀家が備前国を統一した。江戸時代は小早川氏、のち池田氏が封じられた。明治四年(一八七一)の廃藩置県により岡山県の一部となる。現在の岡山県南東部にあたる。江戸時代は小早川氏、のち池田氏が封じられた。廃藩置県により岡山県東部となる。
[二] 岡山県南東部の地名。中心地区の片上は山陽道の宿場町・港町として栄えた。耐火煉瓦工業と備前焼や閑谷(しずたに)学校などで知られる。昭和四六年(一九七一)市制。
[2] 〘名〙
※南方録(17C後)会「水指 備前」
※虎明本狂言・長光(室町末‐近世初)「大方はびぜん物でござる。びぜんにてもながみつでござる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

備前の関連情報