コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疑似乱数 ギジランスウ

デジタル大辞泉の解説

ぎじ‐らんすう【疑似乱数】

乱数の代わりに用いられる数字の列。疑乱数。算術乱数
[補説]コンピューターでは、さいころを振って出る目のような無秩序な数列は生成できないため、計算によってそれに似た数列を作り、乱数の代用とする。電子データの暗号化などに用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

疑似乱数の関連キーワードコンピューターハッシュ関数ビットコインハッシュ値ハッシュ化さいころ擬乱数補説数列

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android